toggle

特徴

ダンジョデニムの商品は以下のような特徴があります。

特徴

GパンではなくGジャン


デニム製品と言うとGパン(ジーンズ)が代表的で、国内外無数のブランドが多種多様なGパンを提供しています。あえて私が作らなくても、と思ってます。それに私は普段Gパンを履きませんし「こういうGパンがほしい」というアイディアもありません。
それに対して、Gジャン(デニムジャケット)は種類が豊富とは言えません。洋服屋さんに行っても、デニム製品はGパンがメインでGジャンは数えるほど。それも似たようなデザインが多く、私は昔から不満でした。貯まりに貯まった「こういうGジャンがほしい」というアイディアを反映させた理想のGジャンを自分で作りたいと思いました。

岡山県の児島産


岡山県はデニムの生産地として知られています。その岡山県の中でもここ倉敷市の児島は「国産ジーンズ発祥の地」として、ジーンズ作りに関係する会社や工場が集まっています。生地から糸からミシンから、ほとんどの資材や設備は児島内で調達できますし、各分野の専門家に出会うことができるため、学ぶチャンスにも溢れています。

デザインから販売まで個人で

 CADを使って自分でパターンを作ってます。自作した方がデータを管理でき、思いついた細かい修正もすぐ反映することができます。好みのデニム生地、好みの糸、ボタン、リベット、ファスナーなどすべて自分で選んでいます。裁断も自分で、縫製ももちろん自分で。デザインから縫製まで自分で行うことで、アイディアをしっかり商品に反映させることができます。

色落ち加工なし

生地は濃紺のデニム生地を使っています。市販されているデニム製品は色落ち加工されているものが多くあります。確かにデニムは色落ちさせた方が風合い出て、魅力が増します。しかし私は自然に経年変化させた方が、自分の体型や身体の動きの癖が反映されて、より自分らしい一着になると考えます。色落ちするまでに時間はかかりますが、ぜひ経年変化させたデニムを着てほしいと思います。
色落ち加工されたデニムの是非は考え方が色々あります。私は、発掘のストーリーがショートカットされている”人工のダイヤモンド”のようなものと考えておりますが、一方で、原石のダイヤモンドを宝石にするための工程とも言えます。色落ち加工を希望される方は個人の判断で、漂白剤で色落ちさせるなりサンドペーパーでこするなりしていただければと思います。

個人製作の強み

アイディアを直接商品に反映できる

大人数で商品を作っている場合、デザイナーが「こうしたらいいな」というアイディアを持っていても、生産性や売上見込みなど色々と考えなければなりません。会議や上司の合意を得る必要もでてくるでしょう。なかなか「じゃあそれでやってみよう」とはいかないと思います。個人であれば、アイディアを即反映できます。お客様からいただいたアイディアや要望も、自分の判断で反映させることができます。

作りたいものを作る

国内外で縫製されている方の多くは、指示されたデザインの服を工場で各パートに分かれて縫製しています。そういった場所では、必ずしも自分の作りたいものを作れているとは限りません。
私は、個人で企画した服をデザインしてパターンを作って裁断して縫っているので、作りたいものを作れています。当然出来上がった商品は自分で着ています。自分で着ることで改善点も見えてくるので、それを商品にフィードバックすることができます。

小ロットでも採算がとれるため、攻めたデザインにできる

大手アパレルでは、従業員の給与やその他経費を支払う必要があるため、多くの売上が見込める商品を企画しなければいけません。すると、多くの人に訴求力のある商品にしなければならないため、凡庸なデザインになりがちです。
個人で製作するのであれば、小ロットであっても採算がとれるため、特徴のあるデザイン、攻めたデザインにすることができます。

個別対応が可能

「糸の色を変える」「袖の長さを変える」等、個人の要望に応えた商品を作ることができます。例えばお客様のパーソナルカラーの糸を使ったデニムジャケットを作ることができます。そうすると周りの方にご自身のパーソナルカラーをPRすることができます。

製作者の顔が想像できる

市販されている服の多くは、縫製した人たちの顔が見えません。服屋さんに行っても、どんな人がどんな工程で服を作ったかは、なかなか分からないと思います。個人で作っていれば、どんな人間が作っているか分かります。スーパーで売られている野菜でも農家の顔写真や名前がわかる野菜は安心感があります。

Translate »