toggle
2017-12-13

美観堂さんのエプロンを製作させていただきました。

先日、倉敷市の美観地区にある
地元の特産品やお土産を販売しているショップ
「美観堂」さんのオリジナルエプロンを
製作いたしました。

2015年に東京から岡山まで歩いてきたときに
美観地区にある有隣庵というゲストハウスに泊らせていただいて
それ以来すっかり有隣庵のファンになっていました。
美観堂はその有隣庵の姉妹店のような位置付けで
有隣庵の隣に併設されています。
ということで今回エプロン製作の御注文をいただいたのは嬉しい限り。
デニム生地は児島唯一の生地メーカーのショーワさんから購入しました。
色移りがしにくくて軽めでシワになりにくいなどなど
ご要望をヒアリングして、生地サンプルを見ながら&ショーワの担当さんに聞きながら生地を選びました。

糸の色は、サンカブトのサンプル帳を見ながら
美観堂のテーマカラーである紫をチョイス。

紫といっても色んな紫があるので
選んだデニムの色合いに映える紫をチョイス。
美観堂さんのロゴの画像データを刺繍データに変換して
「BIKANDO」と一緒に刺繍。
刺繍用の細い糸も
もちろんサンカブトの同じ色番の紫をチョイス。
その後CADでパターンを作って
生地を裁断してアイロンして縫って…。
できあがり!(^_^)v
私も普段ロゴを入れたエプロンを着て
作業しておりますが、
お客さんや取材の方がいらした際に
ロゴが入っているとPRになりますし
多少なりともブランド名を覚えてもらうきっかけになりますね。
美観堂さんは地域の特産品を販売されていますので、
児島で織られたデニムを児島で縫ったエプロンというのは
美観堂さんのストーリーに沿っていると思います。
多少なりとも美観堂さんに貢献できていれば幸いです。
★美観堂について

あ、あとゲストハウスの有隣庵もおすすめです。
古民家をゲストハウスに改装して運営されています。
チェックインのときに宿泊者が自己紹介するので
色んな人と出会えるきっかけになります。
なんだか学生気分に戻れる感じが好きです。
今でこそゲストハウスも全国的に増えましたが
有隣庵はその中でも結構な古株と思います。
2015年に私が東京から岡山まで歩いたときも
色んなゲストハウスに泊りましたが
有隣庵を知らないオーナーさんはいませんでした。
スタッフの多さも有隣庵の魅力です。
こんなたくさんスタッフ抱えてて活気のあるゲストハウス
他に見たことないです。(カフェを入れたら確実に10人以上いますね)
ということで、有隣庵も是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »