toggle
2018-02-01

zozoの3800円ジーンズとSewbot

昨日zozotownから広告メールが届いて。
zozoがオーダーメイドのジーンズを始めた
とのこと。
しかも3800円(税込)で。
オーダーメイドを3800円で。
例のzozosuitsを使って採寸した
身体のサイズのデータをもとに
作るようです。
裾上げもベルトもいらない、と。
凄いのひとこと。
ユニクロでさえレギュラージーンズは3990円の中、
オーダーメイドとな。
もし3800円でオーダーメイドでジーンズ作ってって言われたら泣きます。
海外で作るにしたって難しいと思います。
もしかしたらzozosuitsと同様に
採算度外視でPRを兼ねた製品なのか…と思いきや
縫製 自動化
で検索してみると、
Sewbot
なる縫製自動化ロボットが既にあるそうで。

開発元のSoftwear社のHPによると
Tシャツが22秒でできる(?)
とのこと。
はー。
17人で縫う作業をSewbotオペレーター1人でやってしまう。
はー。
で、HPを見ていたら

Coming Soon
T-Shirts, Jeans, Hemming, & Binding
We’re currently taking pre-orders for fully automated worklines for t-shirts, and workcells for hemming & binding.

なる文言が。
Jeansってあります。
ジーンズも機械化しちゃうんですか?
っていうかできちゃうんですか?
ファスナー付けとか巻縫いとかボタン付けとか。
でもSEWBOTの動画見たんですけど、

あ…できるかも(笑)
そう思っちゃいました。
これなら1着ずつのオーダーメイドにも対応できるかもしれませんね。
zozoがこの機械を導入するのかどうかは不明ですが。
量子コンピュータやAIが発達すれば
人にできて機械にできないことはなくなる。
そう思ってます。
ただ、初音ミクなどのボーカロイド人気が
落ち着いてしまったところを見る限り、
人が人である以上は
人がする仕事は残っていくとも思います。
携帯電話の誕生以降、
あまり大きな変化を感じていなかったのですが
ここにきて生き方や働き方など
価値観や倫理観がどんどん変わってきているのを感じます。
面白い世の中を生きていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »