toggle
2018-12-03

アルバイトさんに来てもらうことになりました

未来人材育成事業にて、高校生にものづくり体験の指導的なことをやらせていただいておりますが、その高校生の一人にアルバイトとして工房に来て縫製などを手伝ってもらうことにしました。 聞けば高校卒業後もアパレル系の学校に行かれるそうで、縫製も好きとのこと。縫製をしたいという若者は少ないので希少です。私としてもちょうど仕事も溜まっていたので助かります。
View this post on Instagram

#倉敷翔南高校 のボランティア活動で使うボディバッグを、倉敷翔南高校の生徒さんがアルバイトでせっせと縫ってくれてます☺️地産地消ならぬ…なんだろ。でも大助かり。 . 大阪に良さげなリペア屋さんがあるそうな。自分に子供がいたら自分が着てたGジャンを形見として引き継ぐのが密かな夢だったりしたけれど、子供はもう難しそうなので甥っ子でもいいかと思いつつ。リペア屋さんがあるならそこにお願いすれば何世代にも渡ってGジャン着れるかな。 #rawdenim #japanesedenim #岡山 #okayama #倉敷 #kurashiki #児島 #kojima #デニム #denims #denim #denimlove #danjodenim #denim #craftsman #岡山デニム #デニムボディバッグ #ボディバッグ

danjo denimさん(@danjo_denim)がシェアした投稿 –

働いてみてまた将来の道に変化が生まれることもあると思います。若い時の経験って貴重。

一般的に縫製工場では大量生産のため一人が同じ作業を延々と繰り返すパターンが多いですが、うちでは色んな工程を担当してもらいたいです。企業の就職面接で「バイト先でジーンズ縫ってました。一人で全部縫えます。」って言ったら結構インパクトあるような気が。

私としては一人で縫ってる時とはまた違う責任が伴いますが、いつかは複数人のチームでものづくりができるような環境にしたいと考えていたのでいい機会です。学生さんならではの商品アイディアとかも聞いてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »