toggle
2018-12-14

倉敷翔南高校生徒さんとものづくり事業4回目

例のごとく倉敷翔南高校の生徒さんのものづくり事業を行いました。4回目でこれがラスト。サンドブラストでロゴを入れてなんとか無事ボディバッグ完成。

サンドブラストで入れたロゴは、生徒さんが描いた手書きのロゴで。
人気のあったロゴのひとつ

以下私の作業なのですが、こういったロゴの絵を写真に撮ってイラストレーターでデータ化してScaNCut用のデータにして。

切り抜きのシールにして。

ボディバッグに貼って。

サンドブラストして色を抜いて。ここが生徒さんが体験。

こんな感じに!

良い感じ

流れをサラっと書いてますが、イラレでデータを作るところが特に時間かかりました。11人分は結構なボリューム。労力的なことを言えば1個のロゴに統一する方が楽です。でも各生徒さんが「自分のアイディアをものづくりに反映させることができた」っていうプチ成功体験を得るには、11人分別々に作った方がいいだろうと勝手に判断して11人分作りました。若い時にどれだけ成功体験を得られるかって重要ですよね。自己肯定感もそれに影響される気がします。

来年1月、この事業の成果報告会的な場があって生徒さんがパワーポイントで活動の報告をします。「翔南高校のやつ、なんか楽しそうじゃん」って思われるような報告を期待しています。

全然関係ないんですけどAIの進化がすごいですね。NVIDIAの研究でAIに作らせた人の顔がリアルすぎてビビりました。本物を作ろうとするAIと本物かどうか見抜こうとするAIの2つを競わせる事で、より本物に近づけるというGANなる仕組みも、やってる事が人間臭くて面白い。多分テキストチャットレベルならそろそろ世界中の人と母国語の感覚で会話できる世の中になりそう。プログラマーは今後必要とされなくなる時代になるのかな。今自分が学生ならSEになろうとは思わなかったはず。自分が今10代だったらどんな大人を目指すんだろう。色々考えちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »