toggle
2019-09-08

【御礼】rooms 39、無事終了

9/4~9/6に東京の五反田で開催されたイベント、roomsが無事終わり本日児島に帰ってきました。人生初の東京での展示会。怪我なく病気なく大きなトラブルなく、良かった…。

弊ブースにいらしていただいた方、 名刺交換していただいた方、 差し入れ等いただいた方、 そして商品を試着や購入していただいた方、 有難うございました。

3日間トータルでGジャン4着とコート1着が売れました。誠に有難うございます。バイヤーさんに興味を持っていただけるのも嬉しいのですが、 初対面の個人のお客さんに買っていただけるのはなおのこと嬉しいですし、製作の励みになります。お店に卸したとしても購入していただけるお客さんがいる、という自信にもなります。roomsには商品及びブランドのPRという趣旨で参加したのでその場で売れるかどうか心配だったのですが念のため販売申請をしておいてよかったです。

ちょうど同じタイミングでオンラインでもGジャン等のご注文をいただいたのでGジャン5着売れたということで5×100=500円分、値段を上げさせていただいております。ご了承ください。今、ハイネックGジャンが16100円なので目標価格の26000円まであと9900円…。

チラシは用意した約500枚はほぼ配り切りました。10月に行われる倉敷ファッションフロンティア2019「繊博」のパンフレットも早々に配り切りました。児島産業振興センターのインキュベーションのパンフも10部ほどでしたがあっという間に配り切りました。アパレルで起業したい人、潜在的には結構いるのかなと。 個人的には(帽子まで) 上下デニムの服飾系専門学校の男子学生が昔の自分を見てるようでアツかったです。

色々と反省点もあり勉強になりました。また全体を通してとても刺激になりました。服作りをしているとキラキラしたオシャレな世界とは離れたところで生きる必要があり、また元々自分はキラキラした人間ではないので今回のような華やかな場は正直落ち着かない気持ちになりましたが、変に流行に迎合することなく自身の動物的な美的センサーに素直に従って求めるGジャンを引き続き作っていきたいと思います。

来年もしまた出展できるチャンスがあれば参加したいとは思うのですが…。来年のこの時期は (採用されれば) 東京五輪のボランティアでヘトヘトな予感。それと一人で展示会参加は結構ハードということが分かりました。2人で参加して交代しながら…が吉ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »